金属アレルギーについて

金属アレルギーとは

「金属アレルギー」という言葉を聞いたことがある人は多くいらっしゃることでしょう。ピアスやネックレス、ブレスレットなど、金属のアクセサリーが触れた皮膚にかゆみやかぶれ、湿疹などの症状が出ることがありますが、これが「金属アレルギー」です。
どんな金属に反応するかは個人差がありますが、アクセサリーによる症状ならば、自分でも「これは金属アレルギーだな」とわかりますから、それ以外の素材を選ぶようにすれば解決するものです。

ところが、自分では気づかない場所に金属が使われていて、それが原因で全身にさまざまな症状を引き起こす場合があります。それが、お口の中、つまり虫歯の治療や義歯などに使われている金属によるアレルギーです。

口の中の金属が体調不良の原因に?

虫歯になったら歯を削って金属を詰めるという治療が、長い間、当たり前に行われてきましたが、金属の詰め物や被せ物、入れ歯にはアレルゲンとなる金属が使用されています。これらの歯に詰められた金属は、唾液によって少しずつ溶け出し、体内に入ります。

金属のアクセサリーをつけただけでも湿疹やかぶれなどの症状を起こす人が、口の中から溶け出した金属イオンが常に体内に運ばれ続けている状況になっていたとしたら…?
それが全身の体調不良の原因になっているケースがとても増えているのです。

金属アレルギーによって現れる症状とは?

歯科材料、とくに歯科金属によって引き起こされるアレルギー疾患には、次のようなものがあります。口の中ばかりではなく、アトピー性皮膚炎など顔や身体など直接金属が触れていない部位に症状が出ることもあるので、注意が必要です。

顔や口の中に起こる症状

口内炎、歯肉炎、口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬など

不定愁訴

上記の他に、通常の内科などで検査をしてもよくわからない症状(=不定愁訴)として、全身倦怠、疲労感、頭痛、微熱感、のぼせ、しびれ感、湿疹、四肢冷感などがあります。

アマルガムについて

※ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

メタルフリー治療について

これからは「メタルフリー」が常識に!

「まさか、口の中に原因が?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何げなく受けていた歯科治療で金属が使われ、それが長い間に体内に溶け出し、体調不良を引き起こしている場合が意外に多いのも事実です。
実際、被せ物や詰め物から金属を一掃した結果、不思議なくらい体調がよくなったという事例も数多く見られます。

このホームページをご覧になり、「自分は金属アレルギーではないだろうか?」と思い当たることがあれば、ぜひ一度当院にご相談ください。
また、すでに皮膚科の診断により、ご自身で「金属アレルギーである」とわかっている方も、これを機会に口の中のリスクを取り除くことをお勧めします。

金属アレルギーを持っている方で、現在とくに自覚症状のない場合も、リスクはゼロではありません。ある日突然、症状が出ることもあるからです。
また、金属アレルギーでない方でも、口の中に金属が存在しているのであれば、決して安全とはいえないでしょう。
長い目でご自身の歯、そして全身の健康を考えたとき、「メタルフリー」、つまり金属を排除することがとても重要だということを、みなさんにぜひご理解いただきたいと思います。

お口の中の金属

アレルギーパッチテストについて

金属に対してアレルギー反応があるかどうかを調べる検査です。パッチテストにより、歯科で使用される金属に関してすべてチェックします。

この検査でアレルギーのある金属元素が判明したら、次にそれがお口の中にあるかどうかを調べます。お口の中の金属は外さずにそのまま検査が可能な方法です。

具体的には、タービンを使って金属の表面をこすり、金属飛沫を採取して分析します。
分析の結果、アレルゲンが口の中の歯科金属に含まれていると判明した場合、健康のためにこれらは除去なければなりません。詰め物や被せ物、入れ歯などに使用されている金属を、セラミックやプラスチックなどアレルギーの出ない材料に交換治療します。

患者さんの声 スタッフブログ グリーンパーク歯科 オフィシャルサイト
グリーンパーク歯科 Facebookページ 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト 一般社団法人 神奈川県歯科医師会