スタッフブログ

2015.07.28更新

40代 女性

術前



術後 1回目



術後 2回目

投稿者: グリーンパーク歯科

2015.07.17更新

今日は金属アレルギー外来の治療の流れについて

お話したいと思います。

①パッチテスト

  お口の中に金属アレルギーがあるかないかを

  調べるためにパッチテストを行います。

②口腔内の金属成分検査・分析

  パッチテストでアレルギーのある金属元素が判明

  しましたらその金属がお口の中にあるのかを

  調べる検査を行います。

   ※金属の表面を削り、粉末を採取します。
   咬み合わせや見た目に影響のない部分をごく少量削りますので
   痛みや金属の破損などの問題はありません。

③アレルゲンの除去

  分析の結果、アレルゲンがお口の中の金属に含まれていると

  判明した場合これらを除去し、詰め物、被せ物、入れ歯などで

  アレルゲンフリーの材料への交換治療を行います。



グリーンパーク歯科では皮膚科でのパッチテストを

                        お薦めしています。




皮膚科でのパッチテストをお薦めしている理由は次の通りです。

 ・皮膚疾患に関しては歯科より皮膚科の方が
 より専門的であること

 ・皮膚科への受診により金属アレルギーではない皮膚疾患
 であると診断される場合もあること

 ・歯科でのパッチテストは健康保険適応外ですが皮膚科での
 パッチテストは健康保険の適応になること


上記のことから当院では国立相模原病院のアレルギー外来と
提携しています
ご希望の方はご相談ください。

投稿者: グリーンパーク歯科

2015.07.17更新

20代 女性

術前



術後1回目


 

投稿者: グリーンパーク歯科

患者さんの声 スタッフブログ グリーンパーク歯科 オフィシャルサイト
グリーンパーク歯科 Facebookページ 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト 一般社団法人 神奈川県歯科医師会