スタッフブログ

2017.09.30更新

 

9月も下旬になり、朝晩は寒くなってきましたね。

体調を崩されたりしていないでしょうか?

 

寒くなってくると歯がしみたり、歯が痛くなるという方、実は意外と多いです!!

 

1番多い症状は、象牙質知覚過敏症。

寒くなると水道水が冷たくなり、うがい時に歯がしみるので虫歯なのでは??

と心配され来院される方がいらっしゃいます。

 

実際に検査してみると虫歯になっているのではなく、『象牙質知覚過敏症』という診断になる事が多いです。

最近はCMの影響もあり、皆様も耳にする事が多くなったかと思います。

 

【原因】

歯周病などで歯肉が下がったり、誤ったブラッシング方法・歯ブラシ・歯磨剤のセレクトミスによって象牙質が露出してしまう事です。

このような状況が続くと、冷たい物などの刺激が歯の神経に伝わりやすくなり、しみるような痛みを生じます。

これが『象牙質知覚過敏症』です。

 

【予防】

正しい歯磨きのブラッシング方法、歯ブラシ・歯磨剤の選択方法。

これが基本ですが、それと同じくらい大切なのが“歯科での定期健診”です。

 

セルフケアでプラーク(歯垢)を完全に取り除く事は極めて困難です。

プラーク(歯垢)はその後歯石となり、歯科医院での機械的清掃でないと除去できなくなります。

 

早期発見・早期治療を受ける事が何より大切です!!!!

 

 

投稿者: グリーンパーク歯科

患者さんの声 スタッフブログ グリーンパーク歯科 オフィシャルサイト
グリーンパーク歯科 Facebookページ 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト 一般社団法人 神奈川県歯科医師会