インプラント/ノンクラスプデンチャー

専門医による安心な手術

インプラント、歯科矯正については、口腔外科の専門医、矯正歯科の専門医が担当しています(月2回)。
豊富な経験、高度で最新の技術を持つ専門医により、確実な治療を行うことができますので、安心してご来院ください。
詳しくは、スタッフまでお気軽にご相談ください。

入れ歯(金属)からインプラントにするメリット、デメリット

メリット

金属が使われている入れ歯は、金属アレルギーをお持ちの患者さんにとって、リスクが大きくなる怖れがあります。「メタルフリー」を推奨する当院では、残っている健康な歯を削らずに、失った歯を補填できるインプラントをおすすめしています。

インプラントそのものは顎の骨に直接埋め込みますので、骨と一体化した後は、ほぼ自分の歯のような感覚で噛むことができます。また、ブリッジのように他の歯に負担をかけることがない、見た目も自然な歯と同じといったメリットがあります。

デメリット

ただし、インプラントには外科手術が必要であり、治療期間が長くかかる(4カ月〜半年)というデメリットがあります。糖尿病などの全身疾患がある患者さんには、インプラントができない場合もあります。

入れ歯(金属)からノンクラスプデンチャーにするメリット

従来の一般的な入れ歯には、金属のバネ(クラスプ)が使われていました。金属アレルギーをお持ちの患者さんの場合、このような入れ歯を使用することで、さまざまな症状が引き起こされているケースも少なくありません。

ノンクラスプデンチャーは、その名のとおり金属のバネを使いませんので、装着していても目立ちません。また弾性があり、強度も高いので、装着したときの違和感がなく壊れにくいといった特徴があります。
さらに、材質同士のつなぎ目がほとんどないので、掃除がしやすく、常に衛生的に保てるというメリットもあります。

患者さんの声 スタッフブログ グリーンパーク歯科 オフィシャルサイト
グリーンパーク歯科 Facebookページ 当院が掲載されています 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト 一般社団法人 神奈川県歯科医師会